ユーゲント日誌


スポンサーサイト - --年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--



サイト移転のお知らせ / 演奏会と花火 - 2009年02月13日
ユーゲント・フィルハーモニカー公式WEBサイトのURLが変わりました。

新しいURLは以下↓の通りです。

http://jugend-phil.com/

この度、新ドメインとサーバーを取得し移転する運びとなりました。創設当初から今まで無償でサーバーを貸してくださった、当団打楽器奏者の町田さんにこの場をおかりして感謝の意を表したいと思います。本当にありがとうございました。

ユーゲントの独自ドメインを取得したことにより、これからはアドレスバーに"jugend-phil.com"と入力するだけで公式サイトにジャンプできます。「ユーゲントフィル・ドット・コム」という感じに覚えていただけたら幸いです。

今まで以上に簡単にアクセスできますので、これからも気軽に足を運んでいただければと思います。新しくなった公式サイトをこれからもよろしくお願いいたします。



演奏会まで残すところ一ヶ月強です。8日にはアンコール曲の初合奏がありました、練習もいよいよ後半戦といった感じです。

前にどこかの記事の中に書いた覚えがあるのですが、演奏会は「花火」に似ているなぁと感じることがあります。

本番でどんな大きさになるかわからないけど、とにかく必死で火薬を詰め続ける。もちろんプロではないので不完全な花火になることもあるかもしれない、しかしながら「詰め過ぎ」が許されるのもアマチュアの特権なのだと思います。

僕はアマチュアの持つそういう部分をいつまでも大事にしていきたいと思っています。プロオケのまるで消化試合のように退屈な定期公演よりも魅力ある演奏会、そんな演奏会が出来たらこれ以上の幸せはないでしょう。

少々生意気なことを書いてしまいましたが、一人の「聴衆」という立場から率直に言うとプロオケが時々つまらない演奏をすることは(悲しいことに)事実なのです。

さて、定期演奏会の前売り券は「チケットぴあ」のこちらのページにて引き続き販売しておりますので、ご利用くださいませ。

既に購入してくださったお客様もいらっしゃるようで嬉しい限りです、本番で「大きな花火」が打ち上げられるよう、団員一同頑張ってまいりたいと思います。

by taxi

スポンサーサイト

2009/02/13 15:01 | コメント(1)



ベト8の楽しみ方 / アンコール決定 - 2009年02月07日
お久しぶりの更新となりました。

昨年まではブラームスの交響曲第4番を中心に練習を進めていたのですが、年明けからはベートーヴェンの交響曲第8番(通称:ベト8)の練習に本格的に取り組んでいます。

ベートーヴェンといえばクラシック音楽史上でも最も偉大な作曲家の一人、日本では「楽聖」などと呼ばれクラシック音楽の道に生きる人間からは(時には必要以上に)神格化されてるようなところがあります。とはいえベートーヴェンにもスランプはありました、彼もまた人間なのですな。

交響曲第8番は、のだめカンタービレですっかり御馴染みの交響曲第7番と同時期に書かれた作品ですが、この頃は、フランスがオーストリアに侵攻しウィーン占領するなど国内情勢も不安定で、彼も交響曲第3番《英雄》のエロイカ的飛躍から交響曲第6番《田園》までの破竹の勢いが嘘のように創作が進まなくなった時期に当たります。

当時の友人への手紙の内容もどこか厭世的で現代若者風に書くとこんな感じ。

創作意欲が全然湧かないっす、俺凡人だったわwww
おまけに誰も信頼できなくてなんだか人間不信な感じもする、
あー誰か俺の嫁になって支えてくれねーかな…(←無い物ねだりw)
人生オワタ\(^O^)/

この曲を「快活な明るさ!」なんてストレートに捉えた素直な楽曲紹介をよく目にしますが、余計な知識も手伝って僕の場合はその裏にうっすらと漂うこの曲のダークサイドにどうしても目がいってしまいます。

例えば第1楽章の末尾は創作当初はf(フォルテ)で雄弁に終わるという構想だったそうですが、最終的に彼は第1主題の断片をP(ピアノ)で奏し、静かな収束を選んでいます。音楽評論家の宇野功芳氏はこの部分を「落語のオチみたい」と書いていますが、まさしくそんな感じです。ちなみに日本の演奏家の間ではこの部分に「あ~くたびれた。」なんて歌詞を当てはめたりします、これまた言い得て妙。(笑)

書いていったらキリがないのでこの辺でやめておきますが、とにかくこの曲は「一見すると」快活な曲調の裏に、空騒ぎや、その場で言って忘れてしまうような虚しいユーモア、ある種の自虐などが散りばめられた非常に面白い作品です。ベートーヴェンの交響曲の中ではマイナーであり異色な作品ですが、演奏会では彼の一流の「ゲルマン・ジョーク」をお楽しみいただけたらと思います。

こんなイメージで。

今回の演奏会ではベーレンライター社から最近になって出版されたジョナサン・デルマー校訂の原典版で演奏いたします、ベーレンライターの新版が出版されてからベートーヴェンの演奏解釈の幅はますます広がってきていますが、ファッションに捉われない「ユーゲント色のベト8」が演奏できるように頑張って参りたいと思います。



演奏会のアンコール曲目が決定いたしました。

詳細は演奏会当日のお楽しみなのでここに書くことは出来ませんが、クラシックにある程度造詣がある方は「…なるほど、そうきたかぁ!」と思うこと間違いなしの選曲です。非常に美しく魅惑的な作品で、個人的にも大好きな曲です。こちらも合わせてお楽しみに!

by taxi


2009/02/07 08:15 | コメント(1)


 + 




---【Login】
copyright © taxi 2006 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。